fc2ブログ

10年以上ぶり

 卒論の作業中に、みんな疲れてるもんで、いろいろ思うところがあるのか、小学校ぐらいの頃の話題で盛り上がるんだね。
 やれ、ミニ四駆がどうした、ビーダマンがどうした、デジモンがどうしうた、ポケモンカードがどうした、遊戯王カードがどうした、そういやギャザは流行んなかったな、ところでバトルスキッパーは知ってるか? とかいろいろ。
 そこで一番盛り上がるのが、特にミニ四駆。
 曰く、
「小学生の頃と比べてお金のある俺らがミニ四駆をやるとガチになるよな」
 ということ。
 確かに、当時はお小遣いも無く、誕生日プレゼントに買ってもらったりしてたから、本体を手に入れるので精一杯。
 たまに母さんが機嫌の良いときに、103円(税込)のスタビライザーポールなんかを買ってもらって、コースアウトしなくなったのに満足したりしてた。
 お金持ちの友達の、矢鱈滅鱈改造されてバカみたいに速いスピンアックスを見せてもらって感動したりしたなぁ。
 ポケモンが発売されてすごい勢いでブームが終わっちゃったけど、やっぱり、動く玩具ってのは男のロマンだよね。
 高校3年の頃に、車好きの友達に触発されて、新しく発売されたミニ四駆PROなるものを買ってみて、MSシャーシの構造にびっくりしたりしたけど、素組しただけで、コースが出せないので走らせることもできず。
 それから、ミニ四駆とは縁のない生活をしてきたんだけど、ついにここできたよ。
 ミニ四駆がしたい。小学校の頃よりもちょっぴりお金かけて、速いマシンを作りたい。
 卒論提出後に一緒に復帰予定の友達とレースするぞ。
 実家に帰れば押入に古いマシンも眠ってるけど、大学生の知識と資金で組み立てたい。
 この願望が実現するまで、あと10日くらい。
 ミニ四駆に向けて卒論がんばろ。
スポンサーサイト



だんだん購入した本を載せるだけのブログになってきたなぁ

 いやまぁ、いろいろと書こう書こうとは考えてはいるんだけどね。まぁ、見てる人も少ないことだし。

11月22日購入分
あさりよしとお 2001 『なつのロケット』 白泉社
ぢたま某 2006 『ファイト一発!充電ちゃん!!』1 ワニブックス
ぢたま某 2007 『Kiss×sis』1 講談社

11月24日購入分
あさりよしとお 1994 『まんがサイエンス』4 学習研究社

どうも、あさりよしとおとか、ぢたま某とか、丸っこいというか、こういう絵柄が好きなんだね。

本の更新はサボらないようにしよう

更新してなかった時期の購入本

浅田弘幸 2009 『テガミバチ』8 集英社
あさりよしとお 1994 『中空知防衛軍』 徳間書店
あさりよしとお 1994 『あさりよしとお短編集』 徳間書店
あさりよしとお 1996 『まんがサイエンス』5 学習研究社
あさりよしとお 2001 『細腕三畳紀』 講談社
あさりよしとお 2006 『HAL 新装版』 ワニブックス
あさりよしとお 2006 『荒野の蒸気娘』1 ワニブックス
あさりよしとお 2006 『荒野の蒸気娘』2 ワニブックス
あさりよしとお 2007 『荒野の蒸気娘』3 ワニブックス
あさりよしとお 2008 『荒野の蒸気娘』4 ワニブックス
安部真弘 2009 『侵略!イカ娘』3 秋田書店
安部真弘 2009 『侵略!イカ娘』4 秋田書店
いけ  2010 『ねこむすめ道草日記』3 徳間書店
漆間元三 1973 『習俗 富山歳時記』 巧玄出版
鎌池和馬 2004 『とある魔術の禁書目録』3 アスキー・メディアワークス
篠原健太 2008 『SKET DANCE』5 集英社
篠原健太 2009 『SKET DANCE』6 集英社
篠原健太 2009 『SKET DANCE』7 集英社
太沖 2009 『はるみねーしょん』1 芳文社
高木敏雄 著/山田野理夫 編 1973 『日本伝説集』 宝文館出版
田中久夫 1985 『年中行事と民間信仰』 弘文堂
中山太郎 1931 『日本民俗学 随筆編』 大岡山書店
西尾維新 2006 『化物語』上下 講談社
日本昔話学会編 2001 『昔話-研究と資料-』29 三弥井書店
根岸鎮衛 著/長谷川強 校注 1991 『耳嚢』上下 岩波書店
支倉凍砂 2007 『狼と香辛料』6 アスキー・メディアワークス
氷川へきる 2001 『ぱにぽに』1 スクウェア・エニックス
氷川へきる 2002 『ぱにぽに』2 スクウェア・エニックス
氷川へきる 2003 『ぱにぽに』3 スクウェア・エニックス
氷川へきる 2003 『ぱにぽに』4 スクウェア・エニックス
氷川へきる 2004 『ぱにぽに』5 スクウェア・エニックス
氷川へきる 2004 『ぱにぽに』6 スクウェア・エニックス
氷川へきる 2005 『ぱにぽに』7 スクウェア・エニックス
氷川へきる 2005 『ぱにぽに』8 スクウェア・エニックス
氷川へきる 2006 『ぱにぽに』9 スクウェア・エニックス
氷川へきる 2007 『ぱにぽに』10 スクウェア・エニックス
氷川へきる 2009 『ぱにぽに』11 スクウェア・エニックス
柳田国男 1942 『方言覚書』 創元社
柳田国男 1946 『先祖の話』 筑摩書房
『重訂本草綱目啓蒙』37~39

一気に更新すると大変だ

河童

 卒論の作業するのが面倒だったから、河川環境管理財団が今年作成した「水難事故発生地点マップ」に、河童の伝承が報告されている場所を記入してみた。
 もしかしたら、水難事故現場と河童の伝承の残る地域が一致するんじゃないかと思って。
 河童の伝承が残されている場所は、国際日本文化研究センター作成の「怪異・妖怪伝承データベース」を利用。
 「河童」のみで検索。
 市単位以上で詳細な場所が記載されているものをデータを使用。同一市町村のものは面倒だから省いてある。
 とりあえず北陸周辺と九州だけ。
 水色の点が河童の伝承が報告された地点。

 北陸
北陸


 九州
九州

 事故発生場所、伝承のある場所。どちらの地点も正確な場所がわかっているわけではないけど、まぁ、だいたい、一致するのかなぁとは言えると思う。
 だけど本当にだいたいだから、水難事故の起こるところに河童アリなんてのは、はっきりとは言えないなぁ。
 一晩無駄になったけど、遊びとしてはそれなりの結果になった。
 水の事故で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

絵本かと思って買ったら割とそうでもなかった

阿形清和 文/土橋とし子 絵 2009 『切っても切ってもプラナリア 新装版』 岩波書店
 プラナリアを、「見つけて、飼って、実験してみよう!」という本。切る実験がすごく分かりやすく書いてある。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード